2018年02月01日(木)

毎年恒例 すき焼きを作りました! [今月の献立]

 まだまだ寒さが厳しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ジョイフル羽島・デイサービスでは、毎年恒例!
食事イベントでちょっと奮発していいお肉を使った“すき焼き”を作りました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

いいお肉です☆

すき焼きとは言わずと知れた伝統的な日本料理の1つですが、すき焼きの作り方が関西・関東地方で異なることをご存知でしたか?


まず、関東風のすき焼き焼きについてご説明します。
関東風のすき焼きの一番の特徴は「割下」です。「割下」とはしょう油・だし汁・みりん・砂糖などの調味料を混ぜて煮立てた汁のことを指します。
関東風のすき焼きの作り方です。
@ 割下を作ります。(※市販品も多く販売されています。)
A 牛脂を溶かした鍋で肉を焼きます。
B 割下を流し入れ、具材を煮込んでいきます。


続いて、関西風のすき焼きについてご説明します。
関西風のすき焼きは「焼く」という工程に重きが置かれています。
関西風のすき焼きの作り方です。
@ 牛脂を溶かした鍋で肉を焼きます。
A 肉にある程度火が通ったら、肉の表面を覆うように砂糖を振り掛けます。
B しょう油を回しかけ、水気の多く出る野菜を入れていきます。
C 煮詰まってきたら、酒などを入れて味を調整します。


ジョイフル羽島では関東風(割り下は店長特製!)で作りました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

色々な食材を入れました


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ねぎと一緒に焼きます



目の前でお肉を焼くと、食欲をそそるいい匂いがしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

完成です!



割り下と野菜を入れてグツグツ煮たら完成!

おかわりをされる利用者様もたくさんいらっしゃり、「いいお肉だね。」「美味しかったよ。」と言っていただきました。
締めはうどんです。お腹いっぱいで満足されている様子が伺えました。



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

いい笑顔☆


皆様のご家庭のすき焼きは関東風or関西風のどちらでしょうか?鍋に入れる肉以外の具材にも地域色が出てきますので、色々なすき焼きを楽しまれるのもいいですね。

Posted by 今月の献立担当 at 10時00分

ページのトップへ ページのトップへ

February

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Profile

今月の献立担当

施設

管理栄養士

今月の献立担当

Category menu
New entry

Photo gallery

☆おいなりさん☆

☆おいなりさん☆

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.